2017年02月15日

研修いるもの・いらないもの

こんにちは、ジュリーです。

寒いですね。

 

39期生の皆様はそろそろ研修の準備を進めていることかと思います。

今日は研修に必要なもの、いらなかったものを紹介します。

 

 

【必要なもの】

 

・作業用のインナー、ジーパン

北海道では暖かいインナーは必須!

作業で汗だくになって13枚ぐらい消費するので、洗い替えは多めがいいです。

 

・寮で着る服

作業着と寮内で着る服は衛生面を考えて必ず別にします。

みんなジャージとか着てます。

 

・洗濯洗剤、洗濯用ネットなど

洗濯機と乾燥機、それと物干しはありますが、個人の洗濯用品は持ってきましょう。

 

・シャンプーやボディーソープなどお風呂セット、ドライヤー、タオル

忘れがちですが、忘れてくると初日から困ります。

 

 

【いらないもの】

 

・私服

不要というわけではないですが、全休は2週間に1度。

12セットぐらいあれば十分です。

 

・作業用の上着

真冬の北海道でも生き残れるレベルの暖かい上着が支給されます。

夏用のポロシャツ類も支給されるので、基本的に心配しなくて大丈夫。

 

・ゲーム、漫画

お察しかと思いますが持ち込み禁止ですよ!

 

 

 

参考になりましたでしょうか。

4月に北海道でお会いできるのを楽しみにしています。

 

それでは。

Jbbaこちらは女子部屋

Jbba_2 こちらが男子部屋


 

2016年07月11日

騎乗訓練

こんにちは、ジュリーです。

今回は騎乗訓練の様子をお届けしたいと思います。

 

騎乗訓練は屋根付きの覆馬場で行っています。

広くて天井が高くて快適ですよ。

20160711 

まずは常歩で馬上体操をして、人馬ともにリラックスします。

20160711_3 

その後は常歩や軽速歩で部班運動を行います。

みんなで走ったり・・・

20160711_4 

巻乗りしたり・・・

20160711_5 

横木を越えたりしています。

20160711_6 

難しいことやうまくいかないこともありますが、みんなで走路に出られるように毎日頑張っています。

 

でも一番頑張っているのは、私たちを乗せて走っている馬達ですね。

20160711_7 

いつも練習に付き合ってくれてありがとうね。

それでは。

2016年06月01日

種馬場実習に行ってきました

こんにちは、ジュリー(30歳)です。

騎乗訓練も軽速歩まで進み、毎日学ぶ事だらけの日々を過ごしています。

若い研修生の感覚の良さや体力がうらやましい・・・

 

さて、先日JBBAの種馬場へ研修に行ってまいりました!

 

種馬場は研修所と同じ敷地内にあります。

あの有名種牡馬や、種牡馬を引退した名馬たちと同じ敷地で毎日暮らしているというわけです。

 

実習は2人一組。

朝一番に種牡馬の乗り運動を見学したあと、厩舎の作業をさせてもらったり、種付けの見学をします。

そしてなんと、種馬場の馬たちの手入れまでさせて頂けるんです!!

 

20160601 

 

あの名馬にさわれるんだ・・・とドキドキしながらの手入れです。

 

手入れの評価は、100点満点中5点(笑)

「次もう一回実習あるから、それまでに頑張って上手くなってこいよ」とのお言葉を胸に日々のお手入れに励みたいと思います。

 

それでは。

2016年04月26日

メジロジュリーの紹介

はじめまして!

京都から来ました30歳のジュリーです。

 

JBBAの研修所では現在21頭の乗用馬を繋養しています。

1頭1頭見た目も性格も違うので、手入れや曳馬のときも彼らの個性を頭に入れて対応しなければなりません。

 

今回は、私の名前の由来になったメジロジュリーを紹介したいと思います。

 

メジロジュリーは父クリミナルタイプ、母メジロロベルタの牝馬で、現在19歳です。

20160426  

それでは会いに行ってみましょう。

20160426_2  

メジロジュリーはダンシングアイドルと一緒に牝馬専用の放牧地に放牧されています。

もう一頭ラストローレンがいるのですが、現在出張中で一緒の放牧地にはいません。

20160426_3  

放牧地に近づくと顔をあげてくれました。

彼女がメジロジュリーです。

20160426_4  

優しそうな目をしていますが、彼女は番長と呼ばれているぐらい気が強いのです。

以前牝馬は4頭いたらしいのですが、その時から番長をしていたようです。

 

ジュリーがアイドルに近づいていくと・・・

20160426_5  

20160426_6 

アイドルはそっと場所を譲ります。

20160426_7  

隣の放牧地の男子にもメンチを切ります。

 

彼女以外にも、研修所の馬たちは個性豊かで勉強になります。

どんな馬でもきちんと扱えるよう、馬を先生だと思って毎日接していこうと思います。

20160426_8  

それでは。