生産育成技術者研修生ブログ

公益社団法人日本軽種馬協会

2018年01月15日

研修生ホームページに3名のインタビューを追加しました!

大変遅くなりましたが、新年あけましておめでとうございます。

ことしも何卒よろしくお願いします。

研修生の冬季休暇も1/11までで終了。12日から全員揃って研修を再開いたしました。

今年の冬は、例年より雪も多く寒さも厳しいですが、初めて北海道の冬を体験する者も多い中、みんな一生懸命3月の修了式に向けて研修に励んでいます。もちろん、その後は各々の牧場でのスタートが待っているわけなので、みんな4コーナーを回ってラストスパート状態です。

話は変わりますが、現在研修中の生徒のインタビュー記事を研修生ホームページ(こちら)に掲載いたしましたのでぜひ御覧ください。

内容は、研修所に入ったキッカケや現在の様子、今後の抱負などです。これから研修所に行こうかなと思っている方や牧場での仕事に興味がある方の一助になれば大変うれしいです。

New_interview

2017年12月18日

2018年度(第40期)研修生募集中!!

Photo

只今、来年4月から開講する2018年度(第40期)競走馬生産育成技術者研修生を募集しています。

詳しくは、こちらを御覧ください。

2017年12月01日

研修生の秘密!?

こんにちは!
今回は研修生の秘密をちょっとだけ暴露したいと思いますヾ(⌒(ノ'ω')ノわーい

今年の研修生は男子5人女子5人とすごくバランスがいいチームです!
寮での食事のときは合コンでの最初の座り方のように男女で分かれて座っているんです。
(半年経った今も席替えなしで最初のままです(笑))

別に男女の仲が悪いわけではないんですよ??
休日は同じチームの子で遊びに行ったり、ご飯を一緒に食べに行ったりするのです!
(休日は当番制なので5人、5人のチームに分かれて作業をします。)
研修生の中には二十歳を過ぎている子もいるので、一緒に食堂でお酒を飲むこともあるんです! ( ̄∀+ ̄)キラッ
でも、次の日作業なのでほどほどに・・・

やっぱり作業ではぶつかることもあるみたいですけど、私生活ではみんな仲良しです(◍•ᴗ•◍)


残り少ない研修生活もルールを守って楽しく研修に臨みたいと思います!

以上、研修生の秘密暴露のコーナーでした!! ヽ(●´∀`)○´∀`)ノ

2017年11月24日

軽種馬後継者研修について

 11月6日から11月17日までありました。後継者の人達の騎乗練習を手伝ったり、一緒に講義を聞いたりしました。
 講義は、馬の初期馴致や馬の栄養・飼料管理についてなど馬を取り扱うために必要な知識を教えてくれました。馬だけではなく、草地・土壌についてなどの講義もありました。僕は農業高校出身で草地について少し勉強していたので他の研修生の子より理解できたと思いますsmile

 他にも小島茂之調教師の談話会もありました。談話会では日本と海外の違いやセリの時に馬のどういう所を見ているのかなど色々な話を聞くことが出来ました。
 その談話会で、馬を扱うときのポイントなどもお話されていて、特に印象に残ったお話が、馬を「怒る」ということではなく「理解させる」ということです。
 例えば、馬が手入れ中に噛み付いてきたときは、叩くなどではなく、馬に納得してもらいながら理解させるということです。
 講義はとても難しいものばかりだったけど、自分の知らなかったことを知ることが出来たのでとても有意義な時間でした。

 騎乗練習では、ハミにカップランという道具をつけて、JBBAの研修生が横で馬を曳き補助をしました。最後の方は、補助をしなくても、速走や駈走などの馬の運動をしていました。
 後継者研修生の方に負けないよう、残りの研修を頑張ろうと思います happy01

20171118_dsc00518

20171118_dsc00512_2

2017年11月13日

牧場実習にいってきました!

 10月11日~10月20日と10月23日~11月1日の前半・後半5人に分かれて牧場実習に行きました。1人ずつ別々の牧場に行き、10日間住み込みで実習を行いました。自分の行った牧場は生産・中間育成・後期育成の全てを行っていて今回は後期育成の現場を学びました。
 作業は主に集放牧時の曳き馬や手入れ、厩舎作業に加えて騎乗馴致の見学等を行いました。また、騎乗後の後運動では現役の休養馬に乗せて頂き、普段、研修所で乗っている乗用馬との違いを肌で実感しました。牧場の方々は歩くのはもちろん、1つ1つの作業が素早くついていく事で精一杯でした。

 今回の実習で初めて1歳・2歳馬を扱ったのですが、人間で例えるとまだ小学生や中学生ぐらいなので常に気を張っておかないと突然立ち上がったり走り出したりすることがあるのですごく神経を使いました。曳き馬時に馬の肩の位置で曳くことや馬と接する時はしっかりと声をかけるなど改めて基本の大切さを学びました。
 今回の牧場実習では将来、牧場に就職するにあたって、研修生という立場で学ばせていただき、とても貴重な経験となりました。また、牧場の方々は自分が研修生という立場であるとはいえ、とても温かく接していただきました。残りの研修生活では今回学んだことを活かし、より高いレベルを目指したいと思います。