2018年10月04日

JRA育成馬馴致実習

 こんにちは!

 今回のブログを担当しますY・Eです。

 9月27日にJRA日高育成牧場で、新馬の初期馴致について学んできました。

 馴致とは、物事に慣れさせること・馴染ませることです。競走馬にとっての馴致は、レースに出るため「人に慣れる」「ハミや鞍といった馬具に慣れること」を意味します。

 ただ、馬は臆病なので段階をふみ安全に行わなければなりません。

 一番印象に残っているのは、ロンジングという調教方法を見学したことです。

 これは、馬が人の指示で動くよう教える調教法で、私たちもやっていることなのですが、しっかりと馬が指示者の指示を理解し、かつスムーズに進行していたのですごいなと思いました!!

 他にもいろいろ見学させていただきましたが、将来私たちもやることなので自分たちもできるよう日々の研修に励みたいです! 

Dsc03109

Dsc03112

Dsc03119

Dsc03116

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上