2017年11月09日

朝の作業について

 まず、はじめに飼葉(朝飼い)を付けます。この餌を馬が食べ終わる間に、放牧地に投草やバケツに水入れ等を行います。(時間を有効に使います)
 飼葉は20分程度で食べ終わるので、飼い桶を外して馬体チェック(検温・怪我の有無等)を行い放牧します。
 無事放牧が終わったら馬房上げを行います。馬房上げとは馬の部屋を掃除することですが、これが朝の作業のメインとなります。そして最後に厩舎全体を掃いて作業終了となります。
 当初1馬房掃除するのに15分のかかっておりましたが、最近ではすっかり作業に慣れ5分程度で終了するようになりました。
 幾分上達したと思っていますが、プロから見るとまだまだなようです。

Dsc00472

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上