2021年03月10日

~分娩実習体験~

今回のブログを担当しますS・Ⅿです。 

私達研修生は、卒業まで、残り少ない時間となっていますが、2月22日から3月5日まで、二班に分かれて1週間ずつJRA日高育成牧場で分娩自習を行いました。私は、前回育成での実習の様子をブログで紹介しましたが、今回は分娩についてです。

実習では妊娠している繁殖牝馬の監視、仔馬の管理についてその他厩舎作業をさせて頂きました。この1週間で、中々生まれなく無事に実習期間内に生まれてくれるのか心配でしたが二組の出産に立ち会うことができました。(一組は放牧地で出産するという異例の出産でした。)二組とも無事に元気な子馬を生んでくれた事にとても感動をしました。

私は、就職先が、育成牧場となるので、出産に立ち会うことはありませんがとても貴重な経験をさせて頂きました。

残りわずかですが、最後まで無事に怪我の無いよう卒業を迎えられるようにしていきたいです。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上