2021年03月24日

第42期生「最後の締め」

42期生、最後のブログになります。研修生のN・Sです。

ブログは交代制で、本来ならば締めをくくる番ではなかったのですが、退寮が最後になるのでおはちが回ってきました。のんびりするのも考えものですね。

 

この杯を受けておくれ

なみなみと注がしておくれ

花に嵐のたとえもあるぞ

さよならだけが人生だ

 

井伏鱒二による于武陵『勧酒』の名訳です。人生に別れはつきものだ。だから今日だけはとことん呑もうじゃないか。そういう詩なのですが、なんとも気持ちのいい詩です。

ただ今の月日、時刻は、3月24日、12時51分。

この一時間ほどで三人の退寮を見送りました。午後にももう一人います。

こういうのをシャイと言うのでしょうか、『勧酒』ほど割り切れず、別れのシーンは涙を流すほど感動的でもなく、抱擁を交わすほど情熱的でもありませんでしたが、腹の内を涼しいモノが通るような寂しさが、見送るたびに吹き抜けていきました。一人ひとり、背中を見送るたびにこうなのですから、ほんと、のんびりするのも考えものです。

ただ今、14時12分。さらに一人が去っていきました。

さて、一年の研修が終わりました。四月に始まり、三月に終わりました。学びの場として、いかにもな区切りです。これが学校であれば、進級し、あと2、3年で卒業というところでしょうか。しかし来月になれば、私たちはプロの現場に入ります。進級も卒業もありません。区切りがありません。評価は公平に見られ、むしろ経験の差をくつがえすには、ホースマンとしても人間としても相応の精進が必要になってきます。それが区切りなく続いていきます。気が遠くなります。未来を思うと、不安にすら駆られます。

ですから私は、2、3日ぐらいを考えていけばいいのではないかと思います。目の前にある仕事に、馬に、人に注力していけばいいのではないのかと思います。どうせ評価は後ろにしかつかないのですから。

とまあ、前向きなのか後ろ向きなのか、わからなくなってしまいましたが、最後に、寺山修二の『幸福が遠すぎたら』より、一部を抜粋させていただきます。これは『勧酒』へ対する作者からの応答の詩と言われています。

 

さよならだけが人生ならば

またくる春は何だろう

さよならだけが人生ならば

めぐり合う日は何だろう

 

何なんですかね。わかりません。ともかく北海道も暖かくなってきました。雪どけがこんなにも待ち遠しいとは思ってもみませんでした。

1年間本当に有難うございました。では、これにて

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上