2020年11月19日

軽種馬後継者研修

 こんにちは、H.Kです。本州は秋の終わりといったところでしょうか。こちらは、先日初雪が降り冷え込みが酷くなってきました。

 さて、10月26日~11月6日にかけて軽種馬後継者研修が行われました。

 この研修は牧場の後継者あるいは牧場のリーダーシップ的な方々のために10回の講義・実技を行う研修です。

 我々、生産育成技術研修のメンバーたちも一緒に講義を受けさせて頂きました。研修内容は馬に関わることから馬乗りにとっては欠かせない腰痛予防についてなど幅広く講義が行われました。

 

Dsc04684 腰痛予防のための体操

 特にヒロユキモチダホースマンシップの持田裕之さんによる「馬とのコミュニケーション」の講義では実技を交えて指導していただき、普段私達が悪戦苦闘しながら扱っている再調教馬達をものの数十分で人の指示に応えるようにしていて凄いなと思いました。また、馬とのやり取りの中である程度のパーソナルスペースを持って接することで関係がはっきりするそうです。

Dsc04778持田氏の講義「馬とのコミュニケーションの取り方」

Dsc04779持田氏の実演で馬を使って行いました。

私達も少しでも一人前のホースマンに近づけられるように残り5か月の中で少しでも多くの体験をして沢山の知識を実習と日々の作業のなかで付けていけるように頑張っていきます。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上