2020年09月04日

離乳実習

 初めまして、今回のブログを担当するK.Iです。秋田県出身の19歳です。

 農業高校を卒業してきました。

 趣味は、競馬観戦とバスケットボール、映画鑑賞です。

 秋田県には牧場が少なく馬に触れることがあまりありませんでした。

 JBBA研修を知ったのは去年の3月に関東で行われたBOKUJOBでした。

 乗馬素人ですが、一年間経験を積んで馬とのやり取りを大切に頑張っていこうと思います!

 

 では近況を報告します。最近寮では、土日に研修生みんなで競馬を観戦して盛り上がっていて、G1の中継が近づいたらみんなでホワイトボードに一着馬を予想しています。

 

 今月は、JRAの日高育成牧場に行って「離乳」を見学しました。

「離乳」とは簡単に言うと子馬が母乳に頼らなくても発育に必要な栄養を飼料から摂取できるように母馬から仔馬を離すことであり、JRAでは放牧に出している馬の中から3頭の母馬を職員の方が仔馬と離しながら仔馬と別の馬房に集牧し離乳しているのを見学させてもらいました。鳴いて走り回って転ぶ馬もいましたが、少しずつ落ち着いてきていました。

 この研修を踏まえてプロの方々と一緒に作業ができ、仔馬を離すために出来るだけストレスを減らす方法として母馬がいなくなっても環境を変えずに群れで過ごさせたり寮母さんみたいな母親の代わりの馬を入れたりと離乳でストレスを軽減する重要さを学びとても充実した実習になりました。

Dsc03471 離乳の前に仔馬の手入れをしました。

Dsc03266 定期的に身体計測をして発育状況をチェックします。

Dsc03300いよいよ母馬とのお別れです。

Dsc03305 お母さんと別れてものんびり水を飲んでいました。

 

 これまでの経験を日々の作業や騎乗に活かし、より成長できるよう頑張りたいと思います!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上