2020年06月12日

護蹄実習part1

 初めまして。今回ブログを担当するK.Mです。

 本州は夏のような暑さが続いているかと思われますが、

こちらも負けず劣らず暑くなってまいりました。

 さて、先日護蹄(馬の蹄をケアする)研修の第一回目がありました。

 今回の研修では、蹄のヤスリのかけ方を教わりました。

 Dsc01854装蹄師の指導を受けながら蹄のヤスリかけを学びます。

 感想を一言でいうと、「装蹄師さんってすごいな~」と感じました。

 一肢のヤスリをかけるだけですごく疲れました。特に後肢のヤスリ掛けは

保定するのも大変で研修生一同汗水たらして必死に取り組んでいました。

 皆初めての経験で悪戦苦闘していましたが、中には才能を発揮する人もいました。

Dsc02110馬の肢を持つのも結構しんどいです。


 研修はまだ始まったばかりで覚えることは沢山ありますが、

研修生一同熱中症に気を付けながら夢に向かって頑張っています。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上