2019年08月14日

☆護蹄実習

 初めまして!

 神奈川県出身のAHです。20歳です。趣味はスポーツ観戦で特に野球が好きです。

 さて、先日 護蹄(ごてい)という実習を行いました。

 「護蹄」というのは読んで字の如く馬の蹄を護るということです。

 今回行ったのは「端蹄廻し(はづめまわし)」と「充填剤」の2種類を行いました。

 「端蹄廻し」では運動によって欠けてしまう馬の蹄を予防するために蹄の縁にヤスリ

をかけて丸みをつけることで蹄が割れないようにしました。

 

Dsc06486

Dsc06507

 

「充填剤」では充填剤を蹄負面(蹄鉄をつける所)に仮装着し、支持面を増やす

ことで馬の脚にかかる負担を減らす方法を学びました。

Dsc06524_2

Dsc06534

 

 どちらも馬の脚に関わることなど、初めて知ったことだらけで今回の実習は

勉強になりました。

 護蹄実習で学んだことを将来に繋げられるように復習をしていきたいです!

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上