2019年02月15日

=第2回種馬場実習=

 皆さんこんにちは!

 今回のブログを担当するT・Nです。

 毎日厳しい寒さの中、残り少ない研修生活を全力で送っています。

 最近では今まで乗れなかった少し難しい馬にも乗るようになってきました。

 最後まで気を抜かず頑張っていきたいと思います。

 さて、今回は第2回種馬場実習について書きたいと思います。

 1月8日から1月26日の間に2人ずつ4班に分かれて3日間ずつ行ったのですが、各グループのメンバーは夏の実習の時に経験したこともあって、作業がわかっていたためスムーズに進みました。

 ただし馬房上げには苦労しました。種馬場の馬房は研修所の馬房に比べ3、4倍ほど大きいため、麦稈の量も多く1馬房上げるだけでも大変でした。

Dsc03952_2 種牡馬の馬房の広さはハンパないです。

 また、何とこの3日間で種牡馬に騎乗させていただく機会をもらいました。

 緊張のあまり騎乗している時のことをあまり覚えていませんが馬の動きの違いを感じたことがすごく印象に残っています。

Dsc04089種牡馬に乗せてもらいました。

 今回の実習では種牡馬に触れたり、曳き馬をしたり、騎乗したりなど、普段の研修ではできないこと学べないことが多くとても充実したものでした。

 残り少ない研修生活となりましたが毎日が充実したものになるよう頑張っていきたいと思います。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上