生産育成技術者研修生ブログ

公益社団法人日本軽種馬協会

2018年11月22日

牧場後継者研修

 皆さん!こんにちは今回のブログを担当するT.Nです

 11月も既に半ばになり寒さが染みるような季節なりました。

 研修のほうも残り4か月となり就職先を考えなければいけない時期になりました。

 12月からは普段の研修に加えて就職活動も始まります。自分に合った牧場に入り色々な経験をすることで一流のホースマンになりたいと思います。そのためにいまはこの研修の日々を大切にしたいと思います。

 さて、研修所の行事としては11月5日~16日に牧場後継者研修を行いました。

 この研修は牧場の後継者あるいはスタッフマネージャークラスの方たちが馬に関わる專門知識を学ぶ研修です。講師はその道のプロフェッショナルであり貴重な講義を聞けるということで私たち研修生8人も後継者と共に講義を受けました。

 初日はJRA調教師である大久保先生との談話会でした。調教師ならではの馬の見かたやトレセンでの話など普段は聞くことができない話を聞けてとても貴重な体験になりました。

 二日目以降の講義の内容は子馬から競走馬にするための馴致方法や繁殖牝馬の管理と病気、飼料や栄養、更に牧場で働くためには大切な農業機械の仕組みなど多くのカリキュラムが組み込まれており、とてもためになることばかりでした。

 これから冬本番になります、私は北海道の冬というものを経験したことがなく、先生や牧場の人たちの話しを聞いていると少し不安になってきましたが辛抱強く耐えていきたいと思います。

Dsc03679

Dsc03689

2018年11月14日

新馬入厩&ギシギシ駆除

 皆さんこんにちは、Y・Oです。最近急激に寒くなってきてストーブの前と布団の中から離れたくありません…。

 北海道の冬は未体験な為、少し不安なところもありますが厚着をしっかりして乗り切ろうと思います。

 

 さてこの度、研修所に新しい馬がやってきました!

 名前はクラウンプリズム号。9歳のまだ若い牝馬です。愛称はプリズムですが私はプリちゃんと呼んでいます。

 とっても大人しいこのプリズム号は元繁殖牝馬で3頭の子を産んだお母さん。

 現在少しずつですが環境に慣れてきたようで、先住牝馬との顔合わせも様子を見ながら始めています。

Dsc03678

Dsc03676

 

 また先日採草地に生えていたギシギシの退治のため除草剤の散布も行いました!

 この雑草は放置すると厄介で増えるのも早く、また来年の牧草に混じってしまうと除去するのにも余計な手間がかかってしまいます。しかも食いしん坊な馬でもこの草は食べません…。

 昔は手作業で抜いていたようですが、量が多いうえ少しでも根が残るとまたそこから再生するらしく(しつこいですね)今では除草剤を用いるのが主流です。

 ギシギシを見逃さないようしっかり目で確認して散布をしたのですが、作業が案外楽しくて時間が過ぎるのが早く感じました。

 こういった採草地管理も牧場の大事な仕事なので残り少ない研修期間、馬の管理以外の事もしっかり学んでいきたいと思います!!

 

Dsc03153 戦闘準備OKで~す

Dsc03155 軽トラの荷台からピンポイント攻撃!

2018年11月06日

牧場で実習しました!

 皆さんこんにちは、K.Oです。

 更新が遅くなりましたが10/11~10/17の7日間、住み込みで牧場実習に行ってきました!初日はとても緊張していましたが、牧場のスタッフの方はとても温かく迎えて下さいました。

 実習の内容は、馬房上げや飼い桶洗いなどの厩舎作業・収放牧での曳き馬・馴致見学など行いました。馴致見学ではとても貴重な1歳馬の初めての鞍付けの現場を見せて頂いたり、実際にロンジングを体験させて頂いたり、お忙しい中1つ1つ丁寧に説明して下さいました。

 中でも印象に残っているのが、馬体をよく触ってあげたり、しっかりと声を掛けたりと馬とよくコミュニケーションを取っていたこと。 その行動全てが調教である事を教えて頂き、改めてその大切さを感じることができました。

 1週間という短い期間での実習でしたが、牧場での作業を実際に肌で感じることができ、とても貴重な体験ができました。研修も後半戦に入り、更に高いレベルを求められるものになってきました。この牧場実習という経験をしっかりと活かせるように今後の研修も全力で取り組んでいきたいと思います!!

Dsc02747 実習の写真がないので騎乗の写真を載せました。

2018年10月06日

HBAオータムセール

 皆さんこんにちは!M.Oです。

 10月3日に北海道市場で開催されましたオータムセールというサラブレッドのセリに行ってきました!

 セリに行くのは実は今回で三回目。

  最初は選定基準がかなり厳しい選び抜かれた馬たちが出るセレクションセール。

 また、こちらも同じく選定基準が厳しいサマープレミアムセール。

 そして今回連れて行っていただいた、生まれが遅かったり成長がゆっくりだったり生まれつき小柄など様々な理由で秋までじっくり育成された馬たちが出るオータムセール。

 いずれも一歳のサラブレッドが上場されます。

 私たちは残念ながらセリには参加出来ないので見学のみです。

 セリ会場に着いたらものすごい数の車と人、活気にあふれています。

 もちろん馬もたくさんいます、全ての馬は手入れが行き届いておりピカピカに光り輝いています。私も同じように常に馬を輝かせられるようにしたいです。

  そして会場のどこにいても聞こえるセリ進行役の方の声、馬の価格も聞こえてきます。

 私が普段生活していて口に出さないような価格で競り落とされています。

  馬を買うときに見るポイントをJBBAの場長から直々に教えていただいたのですが、これが中々難しいです。

 大きい小柄などは分かるのですがほとんどみんな同じように見えてしまいます。

 経験を重ねるにつれて目利き出来るようになってくるのでしょうか、少しでも早く違いが分かるようになりたいです。

 この研修が修了してまたセリ会場に行くことになれば自分が馬を引いて見せる側になるかもしれません。会場にいる馬は大体キョロキョロしたり後ろの馬を蹴ろうとしたり突然走り出したり、そんな馬たちをプロの方々は何事もないように引いて歩いています。

 研修修了まであと半年、騎乗や日々の作業ももちろん、引馬もセリ会場でプロの方たちに混ざっても見劣りしないよう鍛錬していきます。

Dsc03134

Dsc03135

2018年10月04日

JRA育成馬馴致実習

 こんにちは!

 今回のブログを担当しますY・Eです。

 9月27日にJRA日高育成牧場で、新馬の初期馴致について学んできました。

 馴致とは、物事に慣れさせること・馴染ませることです。競走馬にとっての馴致は、レースに出るため「人に慣れる」「ハミや鞍といった馬具に慣れること」を意味します。

 ただ、馬は臆病なので段階をふみ安全に行わなければなりません。

 一番印象に残っているのは、ロンジングという調教方法を見学したことです。

 これは、馬が人の指示で動くよう教える調教法で、私たちもやっていることなのですが、しっかりと馬が指示者の指示を理解し、かつスムーズに進行していたのですごいなと思いました!!

 他にもいろいろ見学させていただきましたが、将来私たちもやることなので自分たちもできるよう日々の研修に励みたいです! 

Dsc03109

Dsc03112

Dsc03119

Dsc03116