2018年09月20日

※札幌競馬場見学

 こんにちは、今回のブログを担当します、A・Uです。

 9月1日に札幌競馬場へ見学に行ってきました!

Dsc02796

 今回の見学では、ただレースを見るだけでなく、装鞍所や検体採取所など、普段見ることの出来ない場所も見学させていただくことができました。

 まず装鞍所では、出走馬の馬体検査、蹄鉄の検査、馬の健康状態のチェック、体重測定がとてもスムーズに行われていました。

 次に下見所ですが、ここは一般的に皆さんが知っている「パドック」です。厩務員さんが引き馬をしてお客様の前でこれからレースをする馬を披露します。ジョッキーが騎乗するのもここで行われます。

Dsc02803

そして次に発送地点に移動しました。ゲートが全て同時に開くかどうかのチェックをします。その後実際に発走を間近で見ることができ、その迫力に圧倒されました!

Dsc02850

Dsc02865

 最後に検体採取所では、レース終了後、1着~3着だった馬が薬物を使用していないかを調べるために尿を採取していました。

Dsc02872

Dsc02883

レース後にこのようなことが行われていることを初めて知ったので、とても勉強になりました。

 公正にレースをするために行われていることを、実際に見て学ぶことのできる貴重な見学でした。

 

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上