2018年08月29日

=JRAでの離乳実習=

 みなさんお久しぶりです!

 ブログの担当が一巡しまして、再び私(TM)に回ってきました!

 今回は夏休み明けすぐに行われたJRA日高育成牧場での離乳実習についてお話します!

「離乳」という言葉は聞いたことがある方も多いと思いますが競走馬は産まれてから約6ヶ月で「離乳」し、目的は大きく分けて二つあります

 まずは母馬が次の出産に向けて体力を温存すること。

 次に仔馬が母馬から離れることで競走馬になるための第一歩を踏み出すこと。

 これらをふまえて重要になってくるのが《離乳を行う時期》なんです!

 その時の天候や気温などをよく見極めて実施し、出来るだけ仔馬にも母馬にもストレスがかからないように注意します

 離乳のやり方は同じ放牧地にいる母馬と仔馬のうち、母馬の方を別の放牧地に移します。

Dsc02465  離乳前の親子の様子です。最後の別れを偲んでいるのかな?

 仔馬はずっと一緒にいた母馬と離ればなれになるのですから、最初は母馬を追いかけて放牧地を走り回り、ひたすら母馬を呼びいななき続けます…   見ていてとても悲しい気持ちになりました…

ですが離乳してから3~4日で落ち着き、母馬がもう戻ってこないことをきちんと理解するそうです

 まだ幼いのに偉いですね~!

 しかし離乳後は仔馬が栄養不足になったりと体調を崩しやすくなってしまうのでそれをしっかりとケアしてあげるのが将来の私たちの仕事の1つです!

Dsc02488  離乳後も子馬たちは大人しくしていました。偉いですね!

 ちなみに実習では母馬を別の放牧地に移動させるのを研修生の中でも曳き馬に自信のある精鋭三人が体験させていただきました!

連れていく際に母馬がとくに暴れることもなかったみたいなので良かったですね(笑)

Dsc02494  母馬たちも落ち着いていましたよ。

この辺で今回のお話は終わりです!

長々と書いてしまいましたが最後まで読んで頂けると嬉しいです

次回のブログも楽しみにしていてくださいね~

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上