2017年11月06日

調馬索調教について

 「調教」と聞けば、馬に乗って行われるものというイメージがあるかと思いますが、私たち研修生は、馬と接している時の全てが調教である、という心持で常日頃馬と接するようにしています。今回は日頃の活動の中から「調馬索(ちょうばさく)調教(ちょうきょう)(ロンジング)」について紹介したいと思います! 

 これは直径約15メートルの円形の馬場で、人は7~8メートルある『調馬索(ちょうばさく)』という帯紐と長い鞭をそれぞれ両手で使いながら、人:馬が1:1もしくは2:1で騎乗をせず行われる調教です。
 この調教によって、馬との親和をはかる、扶助(ふじょ)(指示)の基本を教える、馬の体を柔軟させフォームや歩き方を改善させる、障害を飛越することを覚えさせること、騎乗が(背中の怪我で)できない馬に運動をさせることなどができます。研修所に新馬はいませんが、新馬に対して騎乗前の基礎を教えるのにもこの調教を用います。

 今、研修生たちは、教官にそばについてもらい指導を受けながらこの調教を行っています。初めは調馬索と鞭の使い方が分からず戸惑ったり、ぐるぐるとまわる馬を注視しすぎて目を回したり・・・(*-*)回数を重ねるにつれそんなこともなくなり、近頃はやっと調教らしく行えるようになりました!!私はこの調教を行うことで、運動の流れや馬の動きについてより理解することが出来ました。また、それぞれの馬についても新しい発見があり面白いです。

Dsc00377

 まだまだ指導を頂きながらの状態ですが、1人でも調教が行えるように知識、技術を身に付けるためこれからも研修を頑張っていきます!
どうぞこれからも応援よろしくお願いします(*^ω^*)

みなさん、北海道はもうかなり寒いでしょうね。
風邪やインフルエンザにかからないように気をつけて下さい。
ロンジングは大変そうですね。
みなさんのご両親も同じようなことをしてみなさんを育てたのでしょうね。
怪我に気をつけて頑張ってください!

おはようございます。
調教について良く分かりました。いろいろな調教があることが文面から読み取れます。
馬とのコミュニケーションを通して、沢山の事を学び、日々を通して皆さんの成長が伺えます。
今後も、1日1日を大切に多くの事を学んで下さい!!
呉々も、自分の体調も気をつけて頑張って下さい!

テイエム・レボリューション様
 ありがとうございます。
慣れない気候に道外からやってきた研修生はみんなタジタジです。
馬の管理をするために、まず自分の体調管理をしっかりと行うようにしています。
 これからも研修生一同頑張っていきますので、温かく見守っていてください。happy01

れいぽん様
 おはようございます。
いつもブログを見てくれているのですね。ありがとうございます。
ブログをとおして私たちの生活、活動、そして馬のことについて知っていただけたら幸いです。
 れいぽんさんもどうかお身体にはお気を付けください。wink

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上