2017年07月21日

護蹄研修①端蹄廻し

全国各地で雨風の被害が出ていますねsweat01

みなさんのお住まいの地域はご無事でしたでしょうか?

先週は静内では珍しく7月から真夏日が多く、研修生たちも汗をかきながら毎日がんばっていました!

今日は研修の中から、護蹄(ごてい)について学んだ様子を取り上げますsign03

「ホースシュー」とも呼ばれる蹄鉄を馬は付けていますが、蹄鉄を付ける意味をご存じですか?

馬は運動量が多いので、蹄を摩耗から守るために金属製の靴である蹄鉄を取り付けますshoe

その蹄鉄を付ける前段階として蹄に付いた汚れを落としたり、蹄を切って整えますhairsalon

蹄を切ったり(削蹄)、蹄鉄を付けたり(装蹄)する技術者のことを「装蹄師(そうていし)」と呼びます。

実際に装蹄師さんに習い、研修生たちも端蹄廻し(はづめまわし)という技術を体験しましたhorse

Dsc09705_2

やすりをかけて、鋭角の縁に軽く丸みをつけますflair

Dsc09707

Dsc09718

Dsc09728

わたしたちも歩きやすくなって、より一層研修生と一緒にがんばれそうですhorseshine

では、今日はここまでpaper

みなさん、楽しい週末をお迎えくださいheart04

Dsc09695_1_2 ※どこかに、にゃあが転がっていま~~すcat

おはようございますm(._.)m
専門用語ですねっ。詳しく説明して頂き有難う御座いました❗
その後のスイカが美味しそうです。
体調に気をつけて頑張って👊😆🎵下さいねっ(o^∀^o)
にゃあ発見❗

>れいぽんサマcat
いつもご覧頂きありがとうございますheart04
ちょうど今日も装蹄師さんとの実習がありましたhappy01
またこのブログでご紹介しますねclub

がんばったあとのスイカはご褒美ものですねdelicioussun
10人+発見されたにゃあは暑い夏もがんばっていますupup

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上