2016年03月05日

曳き馬

先日、左手の親指を馬に蹴られて骨折しました、ブリキです。

お久しぶりです。

 

 

この研修で初めに教わったのが曳き馬だったと思いますが、今改めてその曳き馬を練習し直しています。

放牧や収牧での曳き馬ももちろんですが、最近は屋内馬場に環境を変え、比較的うるさい馬を使って速歩なども練習しています。

20160305

 

 

曳き馬は馬を扱う上での基本ではありますが、基本といっても簡単な訳ではなく、「奥が深くて面白い」と先生方が言う意味も分かる気がします。

物音に反応して暴れられたり、それにつられて暴れられたり、ただ好き勝手に暴れられたり・・・。

うるさい馬ほど手の内に入れられているのかが分かりやすくて、見ているだけでも勉強になります。

20160305_2

 

 

とは言いつつ、私はそれが下手過ぎて蹴られてしまったのですが(笑)

残り1ヶ月、曳き馬に限らず、出来る限りのことを精一杯やっていこうと思います。

 

 

早く暖かくなるといいですね。

それでは次回の更新をお楽しみに。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上