2015年12月22日

放牧中の研修馬たち

早めの再登場になりました。私おじいちゃんによる更新です。

今回は放牧中の研修馬たちについて書こうと思います。

 

研修馬たちの放牧は朝の6時30分前後に行われ、収牧は13時30分前後と約7時間出されています。

途中で騎乗がある馬に関してはその間、放牧から戻されるといった形になります。

ではそんな放牧されている研修馬たちの写真を何枚かお届けしたいと思います

 

201512221_2

まずは現役時、2010年のG3エルムステークスを勝ったクリールパッション

馬房内にいる時は人を警戒しがちな彼も、放牧中は写真のように人によって来てはフンスカフンスカと鼻息を吹きかけてきます。

放牧されて気分も開放的になっているのでしょうか。

 

201512222  

次は左からサスケ、エーシンエスヴィー、トウショウクラウンの三頭です。

サスケは平成2年生まれと研修馬の中では一番の年長者です。エスヴィーはかつて函館競馬場で誘導馬をやっていた経歴の持ち主です。

クラウンは2010年の全日本2歳優駿で5着、2013年のアハルテケステークスで2着等、オープンクラスでも活躍した馬です。

写真だとサスケが仲間外れにされているように見えますが別に仲が悪いわけではないですよ!

 

201512223  

次は現役時、障害レースで活躍したショウリュウケンです。

あまり脚などが腫れる事もない頑丈な馬です。

放牧する時等にたまに立ち上がったりしますが、そこを上手く諌めるのも曳いている人にとって大切な事です。

 

201512224  

そしてこちらは2000年のマーチステークスや白山大賞典、さくらんぼ記念、2001年のかしわ記念等を勝ち、ダートの重賞路線で活躍したタマモストロング、通称タマちゃんです。

 

放牧は馬たちにとって憩いのひと時。騎乗などで頑張ってもらっている分、しっかり休ませてあげたいものです。

それでは今回はこれで失礼します。

クラウン、どうしているか気になっていましたが、こんな所にいたのですね……!
元気に大事にされているようで、安心しました。

クラウンは研修生の良き先生として大活躍していますよ!
馬体チェックや手入れ時に噛んできたり、騎乗時に左に曲がらなかったり、走路を暴走したり・・・。
そんなクラウンとうまく付き合えるように研修生も日々研鑽をつんでいます。

クリールパッションは生産牧場で乗馬になるとの情報でしたが、こちらにいたのですね。
元気そうでよかったです。
本当に好きな馬です。
見学できないのが残念・・

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上