2015年09月02日

親と子

お久しぶりです、泣き虫体力バカです。 夏休みが終わり、泣きながら帰寮しましたが翌日のランニングからバカ丸出しで走っています。

はやいものでもう9月 この研修が始まってから5カ月が経ちました。 他の研修生の方ともだいぶ話すことが増え、毎日笑顔を忘れずに過ごしています!

今日は日高育成牧場で行われた離乳を見学させて頂きました。

離乳を行う前には当歳馬の曳き馬、放牧地のボロ拾いなどの作業を行いました。

特に曳き馬はとても貴重な体験でした。 JBBAには当歳馬や1歳馬がいないのでこのような機会でしかできないことができました。 自分もとても元気な当歳馬を曳き馬させていただきましたが、この研修所にいる馬たちとは全く違いました。 「はやく放牧地で走りたい!」 という馬の気持ちがよくわかる歩き方でした。

20150902dscn6666_2

自分たちがここを卒業して牧場に就職したらこのようなことを日々、当たり前にこなさないといけないと思います。 そのためには、ここの馬で毎日放牧、収牧時には将来のための練習だと思ってやりたいと思います。

20150902dscn6668

昼食後は離乳の見学でした。

離乳とは母馬と仔馬を離れ離れにすることで、大変なことかと思いましたが意外とあっさり終わってしまいました。 母馬がいなくなっても、仔馬たちはひどく泣くこともなく比較的落ち着いていました。

まだ、生まれて4.5カ月の馬たちが母馬がいなくても泣かないのは自分も見習うべきだと思いました。 19にもなってまだメソメソ泣いてる自分はいったい…

意外にも離乳後にうるさいのは母馬でした。 やはり仔馬の事が心配なのかもしれません。

自分達の親も少なからず心配してることもあるとは思います。 しかし、仔馬たちと同様に与えられた環境で頑張っていくことに変わりはないと思います。

コメントを投稿する

絵文字を挿入

コメントは管理者が公開を承認するまで反映されませんのでご了承ください。

JBBA研修生ブログ コメント投稿規約

  • (1)コメント投稿は、ご利用者ご自身の責任において行われるものとします。ご利用者がコメント投稿した情報は、ご利用者自らがその内容について責任を負うものとします。
  • (2)公益社団法人日本軽種馬協会(以下「本協会」)はご利用者に対し、コメントの掲載内容(他のご利用者が提供する情報を含みます)についていかなる保証も負わないものとします。そのため、掲載コメントによりご利用者が被害を被ったとしても、本協会はご利用者に対して賠償する義務を一切持ちません。
  • (3)コメント投稿は、本協会が選別した上で本ブログに掲載されるものとし、必ずしも投稿のすべてが掲載されるわけではなく、また掲載されるまでにはお時間をいただきます。投稿内容の一部を本協会が編集・追記・削除した上で掲載される場合があります。
  • (4)コメント投稿が実際に掲載された場合でも、ご利用者に対する本協会からの謝礼等はございませんので予めご了承ください。

以上